愛知県海部郡飛島村において、自動運転技術を活用したモビリティサービスの実用化に向けた実証実験を開始します

 アイサンテクノロジー株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長 加藤 淳)は、飛島村(本庁:愛知県海部郡、村長:久野 時男)、国立大学法人名古屋大学(愛知県名古屋市、総長: 松尾 清一)、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西澤 敬二)との5者間による自動運転技術を活用したモビリティサービスの実用化に向けた実証実験を実施しますのでお知らせします。
 本実証は飛島村内において自動運転の実運用モデルを入れた実証実験を行い、今後の実装および普及に活用可能なデータを取得すると共に、サービス運営にあたっての交通環境の課題整理、経済性、社会受容性等の検討や、自動運転サービスによる飛島村への効果検証と実情に沿った交通サービス事業のあり方を検討します。

実施スケジュール
日時    2019年12月14日(土)10時~16時
運行ルート 北避難場所(愛知県海部郡飛島村元起)周辺
(※車両状況により変更の可能性があります) 

実施体制について

 

使用車両

「自家用車型自動運転車両」
トヨタ レクサスRX改造車両
自動運転ソフトウェア「Autoware」※と事前に作成した
3D地図により走行
自己位置推定、障害物認識の機能を実装ドライバ1名+オペレータ1名乗車(試乗者=同時2名)
※「Autoware」はThe Autoware Foundationの商標です。

本件に関するお問い合わせ先
〒460-0003
 名古屋市中区錦三丁目7番14号ATビルアイサンテクノロジー株式会社
 MMS事業本部  TEL 052-950-7500