文字の濃さも、太さもずっと同じ。キレイな文字が書けるシャープ『ADVANCE(アドバンス)』から、スタイリッシュなパンチンググリップが特徴の『アドバンス アップグレードモデル』

三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、長時間書き続けても文字の濃さも太さもずっと同じキレイな文字が書けるシャープ『ADVANCE(アドバンス)』シリーズに、デザインや軸素材をより向上させた『アドバンス アップグレードモデル』を2020年1月30日(木)に一部数量限定にて新発売いたします。

『アドバンス アップグレードモデル』 左から:ガンメタリック、ネイビー、レッド、ホワイト、オレンジ(限定)、ティールグリーン(限定)『アドバンス アップグレードモデル』 左から:ガンメタリック、ネイビー、レッド、ホワイト、オレンジ(限定)、ティールグリーン(限定)

当社調べでは、男子高校生のおよそ4人に1人が、汎用モデルのシャープより性能やデザインに特徴のある、価格にして1,000円クラスの高価格帯シャープを使用しています。シャープのメインユーザー層である学生の中でも、高価格帯のシャープユーザーの「性能や機能、デザインなどにこだわりがあり、他とは違う、より良いものを使いたい」というニーズに応えた商品として、『アドバンス アップグレードモデル』を発売いたします。
『アドバンス アップグレードモデル』には、キレイな文字が書けるシャープ『アドバンス』と同様に、書くたびに芯が回転してトガるWスピードエンジン、精巧に加工した金属パーツ、筆記時の芯折れを防ぐパイプスライド機構に加え、デザイン性のあるスタイリッシュなパンチンググリップを採用しました。

【商品特長】
精密な金属加工パンチンググリップで滑らかな握り心地を実現
高級感漂う、精密なパンチング加工の金属製先軸は、グリップ部分にパンチ孔があり、筆記時に指をあてるグリップのガイドとしての役割も果たします。先軸のパンチ孔や口金との継ぎ目は引っ掛かりがなく、指当たりの良い軸塗装で、滑らかな握り心地を実現しています。

安定感のある低重心設計と高級感あふれるスマートなデザイン

図:パンチンググリップ内部のWスピードエンジンのイメージ図:パンチンググリップ内部のWスピードエンジンのイメージ

先軸と口金は金属製のパーツを使用することで、安定感がある低重心設計となっています。
先軸は少し丸みを帯びた形状で持った時に手にフィットします。後軸は極力スリムに絞り、スマートな印象に仕上げました。これまで、自動芯回転機構を搭載したシャープは、機構の動きが見えるデザインでしたが、今回はあえてWスピードエンジンの機構の動きは見せず、金属製のパーツの持つ安定感や高級感を主軸にした軸デザインに仕上げました。

 

【商品概要】
商品名:アドバンス アップグレードモデル
品 名:M5-1030 1P
芯 径:0.5mm
軸 色:ガンメタリック、ネイビー、レッド、ホワイト、オレンジ(限定)、ティールグリーン(限定)
価 格:1本 本体価格1,000円 + 消費税

<ご参考>
■シャープ『アドバンス』の特長
シャープをよく使う学生の「文字をキレイに書きたい」「芯先の偏減りや芯折れを気にせずに、勉強に集中したい」というニーズに対応した、文字の濃さも太さも変わらない「キレイな文字が書けるシャープ」です。
『クルトガ スタンダードモデル』と比べて2倍速く回る20歯のギアを使用した自動芯回転機構「Wスピードエンジン」は、芯先が「偏減り」しやすい、字画が少なく1画の線が長い文字(カナや英字)でも、均一な描線を書くことができます。また、2Bなどの濃く軟らかい芯を使用した場合も、通常のシャープと比べて文字がつぶれずにはっきりと書くことができます。
精巧に加工したパーツを使用しているため、クルトガ特有のペン先の振動が抑制され、筆記感が安定します。さらに、芯先を先端パイプから出さなくても筆記可能なスライドパイプが筆記時の芯折れを防ぎます。これにより『アドバンス』は筆記途中に芯が折れて集中力が途切れてしまう、ノートが汚れるなどのストレスを感じることなく筆記することが可能で、テストや授業など、集中を持続させたいシーンでの使用にもおすすめです。

<2019年 三菱鉛筆のプレスリリース一覧はこちら>
https://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/2019.html

※製品に関するお問合せは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。
TEL 0120-321433