第10回「忘れられない看護エピソード」作品募集開始

2020年、看護の基礎を築いたナイチンゲールは生誕200年を迎えます。これを記念したグローバルキャンペーン「Nursing Now」が各国で実施されています。そして2020年は「看護の日」制定から30周年でもあります。

看護の日ロゴ

そんな中、看護職へ関心を持ってもらい、看護の大切さを感じてもらいたいと公益社団法人 日本看護協会(所在地:東京都渋谷区/会長:福井トシ子)は、今年も「看護」に関する忘れられない思い出や心温まるエピソードを募る第10回「忘れられない看護エピソード」の募集を開始することとなりました。

Nursing Nowキャンペーン ロゴ

厚生労働省と日本看護協会は、毎年5月12日の「看護の日」と同日を含む日曜日から土曜日までを「看護週間」とし、この期間を中心に様々な事業を展開しています。本コンクールはその取り組みの一つで、看護の現場で生まれた心に残るエピソードを募集・表彰するものです。受賞作品を通し、看護の大切さを感じていただくと共に、看護の心やケアの心を育む一助となることを目的としています。前回の第9回は2,629作品のご応募をいただきました。

本コンクールでは、看護師など看護を行う側の方々を対象とした「看護職部門」と患者さんやそのご家族など看護を受ける側の方々を対象とした「一般部門」、さらに今回は「Nursing Nowキャンペーン」に合わせ、現役看護職と看護職に就いていた方を対象に、看護の力を発揮して、人々の健康に貢献したことを実感した看護実践・経験について審査する「Nursing Now部門」を加えた3部門でエピソードを募集します。各部門において、看護を通じて得られた思い出や体験を広く募り、心温まる印象的な作品を選出します。受賞作品は2020年5月9日(土)の表彰式で発表予定です。

また受賞した複数作品をドラマ化し、BS日テレでの放送やYouTube配信をする予定です。本コンクールを通し、皆様に「看護の心」や生きることの素晴らしさを感じていただく機会となれば幸いです。

■第10回「忘れられない看護エピソード」について

「看護」を通して得られた、忘れられない思い出やエピソードについて広く募集します。特別審査員・内館牧子氏(脚本家)をはじめ、ゲスト審査員や厚生労働省、日本看護協会の関係者により、作品を厳正に審査します。

【コンクール概要】

・タイトル : 第10回「忘れられない看護エピソード」

・応募締切 : 2020年2月21日(金)

・U R L : http://www.nurse.or.jp/episode/

・主催        : 厚生労働省、日本看護協会

■応募条件

・応募資格 :①看護職部門/国内の現役看護職、または過去に看護職に就いていた方

       ②一般部門/国内在住の方

       ③Nursing Now部門/国内の現役看護職、または過去に看護職に就いていた方

・応募内容: 「看護」を通して得られた忘れられない思い出やエピソードを

                   800字以内でまとめてください。

       なお、作品には必ずタイトル(題名)を付けてください。

・応募方法:郵送または専用フォーム(http://www.nurse.or.jp/episode/)より応募。

                 ハガキ・FAXは不可

【郵送応募の場合】

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10 日本経済広告社ビル6階

第10回「忘れられない看護エピソード」事務局

・応募締切:2020年2月21日(金) 当日消印有効

その他応募条件、エントリー方法などに関しましては、下記URLより詳細をご確認ください。

URL : http://www.nurse.or.jp/episode/