ハイセンスジャパン、オリジナルプラットフォーム「VIDDA」にディズニープラスを追加、対象は2018年以降発売の下記機種

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、様々な動画配信サービスの選択を可能にするオリジナルプラットフォーム「VIDDA」に Disney+ (ディズニープラス)を追加しました。対象は2018年以降に発売した下記機種となります。

オリジナルプラットフォーム「VIDDA」

1. 内容

下記対象機種において、随時インターネット接続によりスマート機能にディズニープラスのVODサービスを追加します。

2. 接続とダウンロード方法

インターネットを介するソフトウェア自動ダウンロード

3. 対象機種

1)A6800 / E6000 / E6100 / E6500 / E6800 / U7E / E8000 シリーズ

・A6800シリーズ

43A6800、50A6800

・E6000シリーズ

43E6000、50E6000、55E6000、65E6000

・E6100シリーズ

55E6100、65E6100

・E6500シリーズ

43E6500、50E6500

・E6800シリーズ

43E6800、50E6800

・U7Eシリーズ

55U7E、65U7E

・E8000シリーズ

55E8000、55E8100

※ソフトウェアバージョン:T57-0001-FF-301

2)S6E / U7F / U8F / X8F シリーズ

・S6Eシリーズ

58S6E、65S6E

・U7Fシリーズ

43U7F、50U7F、55U7F、65U7F、43U75F、50U75F、55U75F、65U75F

・U8Fシリーズ

50U8F、55U8F、65U8F、75U8F、55U85F、65U85F、75U85F

・X8Fシリーズ

48X8F、55X8F

※ソフトウェアバージョン:T56-0004-FF-304

3)A6G / E6G シリーズ

・A6Gシリーズ

43A6G、50A6G、55A6G、65A6G、75A6G、43A65G、50A65G、65A65G、

75A65G、43A68G、50A68G

・E6Gシリーズ

43E6G、50E6G、65E6G、43E65G、50E65G

※ソフトウェアバージョン:T32-020E-FF-201

4)A40G / A45Gシリーズ

24A40G、32A40G、40A40G、32A45G

※ソフトウェアバージョン:T33-0212-FF-201

*サービスの利用には別途登録・契約が必要です。

■ハイセンスグループについて

ハイセンスグループは、1969年に中国青島に設立され、2019年に50周年を迎えました。現在従業員は全世界に80,000人以上、2020年度の売り上げは約2.2兆円(海外売上約81億ドル)、テレビの出荷台数においては中国市場でシェアNo.1を誇っています。

経営理念は『最高の技術、最高の品質、最高のサービスをもってグローバルブランドを創造する』であり、高い研究開発力と優秀なグローバル経営マネジメントを基礎に、最新の通信技術と人工知能システム、デジタルマルチメディア技術および家電、通信、不動産などの分野を網羅した多角化経営を確立し、世界の160以上の国と地域でハイセンス製品が選ばれています。ハイセンスは世界中のスポーツを幅広くスポンサードし応援しています。2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会と2017年FIFAコンフェデレーションズカップの公式スポンサーをはじめ、テニス、ラグビー、F-1などこれまでにも様々なスポーツをサポートしてまいりました。現在は、UEFA EURO 2020(サッカー・ヨーロッパ選手権)の公式パートナー、パリ・サンジェルマンのグローバルスポンサーも務めております。また、2022年FIFAワールドカップ・カタール大会公式スポンサーに決定しました。ハイセンスはこれからもお客様のために、“暮らしの楽しさ”、“心の豊かさ”をお届けできるように取り組んでまいります。

■会社概要

社名  : ハイセンスジャパン株式会社

本社  : 神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2

      新川崎三井ビルディングウエストタワー19階

設立日 : 2010年11月4日

代表者 : 代表取締役社長 李 文麗

事業内容: 家電の輸入・販売等

URL   : https://www.hisense.co.jp/