渋沢栄一と徳川慶喜公ゆかりの地を巡るモデルコースも!「静岡サイクルスタンプラリー」開催

 静岡市は、市内の観光スポットや飲食店などを自転車で巡り、集めたポイントに応じて静岡市の特産品などが抽選で当たるスマホスタンプラリー「静岡サイクルスタンプラリー」を、11月1日(月)~ 12月31日(金)の期間、開催します。

 

 

イメージ浅間神社体験

 

《ポイント》

(1)渋沢栄一と徳川慶喜公ゆかりの地をめぐるモデルコースを用意

 現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』の主人公である渋沢栄一とその主君 徳川慶喜公は、明治維新後、静岡市で暮らしていました。渋沢が立ち上げた金融商社「商法会所」の跡地や、一家の暮らした寺院、慶喜公の屋敷跡など、歴史の舞台となったゆかりの地が点在しています。

 徳川慶喜公は静岡市で30年を過ごし、市民からは現在でも親しみを込めて「けいき(慶喜)さん」と呼ばれています。写真や狩猟などさまざまな趣味に親しみ、なかでも当時珍しかった自転車をたいそう気に入り、家従とサイクリングに出かける姿をたびたび市民に目撃されています。

 「静岡サイクルスタンプラリー」ではこの逸話にちなみ、渋沢栄一と徳川慶喜公ゆかりの地をめぐるモデルコースを用意しました。

 

德川慶喜 1897頃.德川慶喜撮影 松戸市戸定歴史館所蔵

(2)集めたポイントに応じて静岡市の特産品などが抽選で当たります

 「しずおかサイクルラリー2021」では、観光スポットや飲食店など、静岡市内50ヶ所にラリーポイント(スタンプ取得ポイント)を設置。サイクリングを通じて静岡市内の観光や文化体験などを楽しめます。また集めたラリーポイントの数に応じて、静岡市の特産品の詰め合わせなどが抽選で当たります。

 

(3)シェアサイクルの活用でいつでもどこでもスタート可能

 スタンプ取得エリアやモデルコースには、シェアサイクルポート「PULCLE」が続々オープン中。シェアサイクルを活用すれば、いつでもどこでもスタンプラリーを開始することができ、終了後は自転車を乗り捨てて公共交通機関で帰宅することも可能です。

 

「静岡サイクルスタンプラリー」概要

◆名称:「静岡サイクルスタンプラリー」

◆会場:静岡市内一円(スタンプ取得ヶ所:市内75ヶ所)

◆日程:11月1日(月)~ 12月31日(金)

◆モデルコース:

 ①PULCLEで行こう!渋沢栄一と徳川慶喜公ゆかりの地散走コース

 ②「太平洋岸自転車道」NCR認定記念!けんたさんも走った駿河区横断満喫コース

 ③日本遺産認定!「弥次さん喜多さん駿州の旅」蒲原~由比の歴史薫る街並みを楽しむコース

 ④秋のオクシズを満喫♪自然いっぱいヒルクライムコース

◆賞品:

 金賞(スタンプ10個)

  しずおかコンシェルジュが選ぶ地元の美味しいもの詰め合わせ  抽選5名

 銀賞(スタンプ5個)

  地元美味ギフトや買物券・食事券など  抽選20名

 銅賞(スタンプ3個)

  協賛ショッププレゼントクーポン  先着500名

 ※そのほか「駿河区特別賞」も多数用意。

◆参加方法:

 専用アプリをダウンロードし、参加登録。ラリーポイントに到着したら、スマホのGPSまたはQRコードを使用してスタンプをGETしてください。

◆一般問合せ:静岡市 交通政策課 TEL:054-221-1570

◆主催:静岡市

◆協賛:TOKAIグループ、静岡市公認自転車サポーター

◆参考URL:https://www.shizuoka-cyclecity.jp/cyclerally/  (11/1~公開)