株式会社アクシスと有限会社竹橋経営コンサルティング、資金繰り予測を中心としたFinTech領域で業務提携

~取引先の「未来の数字」を精度高く提供~

株式会社アクシス(本社:東京都港区、代表取締役:小倉 博文)は、資金繰り予想システムに対するマーケットニーズの高まりを受け、資金を軸としたコンサルティング活動を行う、有限会社竹橋経営コンサルティング(本社:東京都千代田区、代表:古尾谷 未央)が開発したICAROS-Vの周辺システムの技術開発について、また、販売・保守の強化を目的とした業務提携契約を締結いたしました。

ICAROS-Vとは、決算書と返済約定表だけで、未来の資金繰りと財務を的確に予測する資金シミュレーションシステムであり、最適なタイミングでの融資提案や事業支援などで効果を発揮しています。竹橋経営コンサルティングはコンサルティング業で培ったノウハウをこのシステムに注入し、既に複数の地域金融機関で利用が拡大されております。

一方、株式会社アクシスでは、長年、金融業界に向けてソフト、ハード両面における設計・開発・テストから運用・保守に至るまで、金融各業態の顧客ニーズに合わせて様々なサービスをトータルに提供・サポートしてまいりました。この分野で培ってきた技術力を将来に向け、特にFinTech領域では、基幹系・市場系システムのクラウド化、キャッシュレス決済プラットフォーム構築など金融のテクノロジー利用を促進しています。

今後、両社はその強みを活かし、AI・FinTech領域のDXを推進して参ります。

より詳しいサービス内容は以下の通りです。

「B/S改善 AI資金シミュレーション ICAROS-V」

https://ai-shikin.com/icaros_a