甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ「虎の歴代タイトルホルダー特集」4月6日(火)から開催!

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する甲子園歴史館では、4月6日(火)から、企画展「虎の歴代タイトルホルダー特集」を開催します。

今回の企画展では、タイガース選手の個人タイトルにスポットを当て、三冠王を2度獲得したランディ・バースなど歴代の名選手たちや2015年に最多三振奪取投手賞に輝いた藤浪晋太郎などの現役選手まで、個人タイトルを獲得した全選手を紹介し、印象的な選手たちの記録やエピソード等を写真やパネル、展示品とともに紹介します。また、タイガース2021年シーズンの見所と題して、今シーズンのタイガースの注目ポイントを分かりやすく紹介するほか、ドラフト指名を含む新入団選手を紹介するなど盛りだくさんの内容となっています。企画展の概要は、次のとおりです。

【企画展名称】「虎の歴代タイトルホルダー特集」

【主な展示内容】

◎虎の歴代タイトルホルダー

・若林忠志(最優秀選手賞 他) 最高殊勲選手賞のペナント

・藤村富美男(最多本塁打者賞 他) サインボール

・藤村隆男(勝率第一位投手賞) サインボール

・岡田彰布(最優秀新人賞) 新人王記念ライター

・ランディ・バース(三冠王 他) サイン入りバット

・ジーン・バッキー(最多勝利投手賞 他) サイン入りボール

・鳥谷敬(最高出塁率者賞) 最高出塁率者賞のペナント

◎タイトル物語

・掛布雅之(最多本塁打者賞) サイン入りバット

・井川慶(最優秀選手賞 他) 実使用スパイク

・下柳剛(最多勝利投手賞) ユニフォーム

・能見篤史(最多三振奪取投手賞) グローブ

・藤浪晋太郎(最多三振奪取投手賞) グローブ

◎タイガース2021シーズンの見所

・西勇輝 実使用スパイク

・近本光司 ヘルメット

・木浪聖也 実使用バット

・大山悠輔 フットガード

◎新入団・補強選手紹介

・各新入団選手のサイン色紙

・補強選手紹介など

【開催期間】4月6日(火)から8月1日(日)まで

【開催場所】甲子園歴史館内「企画展示コーナー」

【入場料】甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

◆甲子園歴史館 営業のご案内◆

<営業時間>午前10時~午後6時

※入館は閉館時間の30分前まで

※催し物の開催等により変更となる場合があります。

<休館日>月曜日(試合開催日、祝日を除く。)

※その他、館内メンテナンス等による閉館の場合あります。

<入館料>おとな600円 こども300円(いずれも税込み)

<場所>阪神甲子園球場 外周16号門横

<お知らせ>2021年9月6日(月)~2022年3月頃まで、移転準備のため、全館休館を予定しております。

※休館期間中の阪神甲子園球場スタジアムツアーの開催予定は未定となっております。詳細が決まり次第、改めてご案内いたします。

◎お問合せ 0798-49-4509(営業時間と同じ。)

◎ホームページ https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/

阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/c19bffbdbd76f6e93cdb06627533fdf25f51d084.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1