世界屈指のバドミントン強豪国 中国代表チームと用具使用契約を締結しました

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田 草樹)は、バドミントン中国代表チームとの用具使用契約を中国バドミントン協会(CBA)と締結し、3月3日に中国・上海にて契約記者会見を行いました。契約期間は8年間で、弊社はラケット、ストリング、ウェア、バッグ、シューズ、シャトルコック等を提供し、同チームをサポートしてまいります。

 中国代表は1960年代から数々の国際大会で優勝するなど、世界でも屈指のバドミントン強豪チームです。また、中国バドミントン協会(CBA)は、長きにわたり多くの世界トップ選手を輩出してきました。同協会と弊社は1980年代から約30年の間ともに歩み、今回13年ぶりに再び手をたずさえて進むこととなりました。

 弊社は創業以来、ものづくりでバドミントン競技の普及発展に取り組んでまいりました。なかでも選手達の力強いプレーに多くの刺激やインスピレーションを受け、ものづくりへのフィードバックや活力としています。今回の中国代表チームとのパートナーシップが新たな気づきや挑戦のきっかけとなり、双方の発展に繋がる関係を築いていけるものと考えています。 今後、弊社製品やストリンギングサービスの提供により、同チームの最高のパフォーマンスを支えるとともに、バドミントン競技のさらなる普及発展に取り組んでまいります。

中国バドミントン協会 ツァン・ジュン会長
「ヨネックスは中国代表チームが最初に用具提供を受けたメーカーであり、共に困難な道も歩いてきたパートナーです。私達が世界の舞台で活躍でき、数々の成績を残せた事に改めて感謝の気持ちを申し上げます。そして、再びヨネックスと契約を結べた事をとても嬉しく思います。私達が考えている、これから成し遂げていきたい事やバドミントンの普及と発展への思いを理解頂き契約に至りました。これからもお互いに協力し合い、中国バドミントンの未来に向けて益々の発展を目指してまいります。」

ヨネックス株式会社 代表取締役社長 林田草樹
「この度の、中国バドミントン協会および中国代表チームとの契約締結を非常に光栄に感じます。弊社から最高の製品とサービスを提供し、同チームが世界でさらに活躍し、新たなページを築けるように尽力いたします。また、トップレベルの選手の皆様に使用いただいたフィードバックを得て、弊社製品のさらなる進化につなげてまいります。
創業75周年を迎える弊社にとって、今回の契約は最大のチャンスであると捉えています。世界中にさらにバドミントンを普及発展させるとともに、次世代選手の育成など、これまで以上に取り組んでまいります。」