「えらべる預金」残高が1,000億円を超えました

株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)が取り扱う「えらべる預金」の残高が、4月末時点で1,000億円を超えました。

 

「預金は、もっと、楽しくなれる。」というコンセプトのもと、お客さまに金利以外の魅力を感じていただきたいとの思いで「えらべる預金」は生まれました。

 

2017年11月の取扱開始から、多くのお客さまにお預入れいただき、徐々に残高を拡大してまいりました。特に社会貢献型の応援定期預金のお預入れが、昨秋以降、法人のお客さまを中心に大きく伸び、残高が急拡大する一因となりました。

 

またあらたに、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた子どもたちへの支援を行う団体を対象とした応援定期預金を6月1日に設定する予定です。これは、株式会社大和証券グループ本社が発行する「大和証券グループ未来応援ボンド」※1との連携により実現するものです。

 

今後とも大和ネクスト銀行「えらべる預金」を、よろしくお願い申し上げます。


 

※外貨による預入については、当社所定のレートにて円換算し、算出。                2020年4月30日現在

 

●株式会社大和ネクスト銀行(代表取締役社長:夏目景輔)について

「“貯蓄から資産形成へ”の潮流の中、証券グループの銀行として、お客さまの資産形成ニーズに沿った商品・サービスを提供すること」および「銀行の公共的使命を全うするため、健全な業務運営、安定的な経営基盤の維持・強化に努め、社会からの揺るぎない信頼を確立すること」を経営方針として、2011年に開業した大和証券グループ本社が100%出資する銀行です。

 

 

※1 社債発行(愛称:大和証券グループ未来応援ボンド)に関するお知らせ

 

・外貨預金の重要事項

                                                                     以上