Bityard正式に販売、258USDT無料で入手!

最新報道により、世界をリードするデジタル契約引取プラットフォームBityard(幣雅)は最近正式に販売しました。業界内に権威がある方から情報によれば、Bityardは米国のあるヘッジファンドが数千万ドールを投資し、契約が複雑、引取が簡単という新しいモードを生み出しました。引き続き、先端的な技術の開発、海外市場の拡大、ブランドの立ち上げなど全面的にスタートします。

Bityardは2019年11月に創立し、本社がシンガポールに位置し、世界をリードするデジタル契約引取プラットフォームであり、米国金融監査管理局(MSB)、シンガポール企業管理局(ACRA)、エストニア金融監査管理局(MTR)から発行された法的金融ラインセンスを持っています。東南アジアにおいて、Bityardは地元のデジタル資産市場の需要と政府の後押しのブロックチェーンの波に付いており、安全、簡単、迅速のデジタル契約引取サービスで注目を引き起こすだけでなく、巨額でタイのクーポンキング播求様をBityardのブランドアンバサダーになることを招きして、地元に注目を高め続けています。

 

不穏な年ほど、電子貨幣業界にはより多くの浮き沈みがあります。皆さんはまだ第三回半分減るの情勢を話している時、新型コウナウイルースの「黒い白鳥」は電子貨幣の価値を値下げし、続いて最低点から迅速に反騰して60%を超えました。このような不穏の情勢において、契約引取は今年の引取場所の主な戦場になると考えております。

新しい参加者として、Bityardの創設者は、競争が激しい契約引取市場にシャアを得たい場合、革新は唯一の方法と思っています。

潜在的ユーザ:「簡単の引取」希望

調査研究から分かるように、日増しに成熟している電子貨幣市場はすでに非常に潜在的な消費者グループを生み出しました。彼らは契約の概念に同意し、レバレッジ効果を利用して利益を拡大することを希望しています。しかし、彼らにとって、契約引取が複雑なことであり、複雑のやり方によって分からない内に締め切られたくないため、引取に参加していません。

電子貨幣業界には多くの潜在的なユーザが契約商品の簡単な引取を希望していることに鑑み、Bityardが生み出されました。

 

製品理念:契約複雑、引取簡単

Bityardはいつも「契約複雑、引取簡単」という商品理念を守り、顧客にきわめて簡単な操作体験をもたらします。記者は商品担当者へのインタビューから、ユーザが迅速に上手くなるようにため、チームが大量の作業をやったことを分かりました。

口座開設簡単: 単にメールアドレスまたはスマートフォンで登録すれば、30秒でBityardのユーザになれます。

簡単にチャージ: 現在、6種類の主流のデジタル通貨でのチャージが可能であり、人民元とベトナムドンのフィアットでのチャージも可能であり(今後、増え続く)、上下レベルの転送機能を設置することにより、代理及び代わりにチャージすることを容易になります。

引取簡単: 複雑の引取インターフェース機能を簡素化し、50USDTで引取を開始することができ、引取の要求を大幅に下げ、シミュレーション口座を提供して初心者の方も注文の仕方を学ぶことができます。

 

顧客によりよくの体験を与えるために、Bityardとブランドアンバサダーが共同で「毎日鉱石を探す」というイベントを打ち出した。本日から、ユーザが登録した後に、毎日弊社のサイトを登録すれば、無料でビットコイン、イーサリアムコイン、グレープフルーツコイン、TRONなど主流な電子貨幣を入手でき、総額が258USDTに達します。まだ、さらにBityardの初販売のBYDを得られ、上場後に百倍の収益を得、実力があり、皆さんは楽しみにしてください。

 

多くの情報は、Bityardのホームページwww.bityard.comで登録して体験しましょう!